Winn東京卓球 | 概要

スポーツの社会貢献

共育の心

————————————————————

指導受ける側・行う側・共に育み、支え合って、成長して行く!
人々が生き生きし、喜び、社員も喜び、地域社会に貢献すること!

————————————————————

スポーツは「教育」「福祉」「交流」などの公共財としての役割を果たし、スポーツビジネスでは、以下の内容について企業の社会的責(CSR)を果たす事が求められています。

1.「教育」について
 
教育において、スポーツは「夢」や「希望」「ルールを守ること」や「努力することの大切さ」「仲間との苦労や喜びを分かち合う感受性や情操」などを養います。

「勝つこと」だけが価値あることではなく、結果を目指す過程の中で、「いかに人間が成長していくか」ということの重要性などを、スポーツを通して、取り組んで行きます。

2.「福祉」について
 
福祉において、スポーツは、病気の予防、心身のストレス解消など、子供からシニア迄、健康であり続けるための、大きな役割を果たして行きます。

また、スポーツは「生涯学習」として、青少年に限らず、シニア世代のための福祉として取り組んで行きます。

3.「交流」について
 
交流において、スポーツは「参加して楽しむ」「観て楽しむ」というように様々な楽しみ方があります。

スポーツは、人と人が交流し、「コミュニュケーションを図れる心のふれあいの場」として、生甲斐に繋がる健康と仲間作りに、取り組んで行きます。

Copyright (C) 2017 Winn卓球 Rubbers All Rights Reserved.