太田康仁ブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

退院

 太田康仁 ブログ 1件のコメント

8月14日にインターハイ参加のため鹿児島入りし、19日に入院、そして今日8月30日にようやく退院出来ることになった。

退院といっても一人で東京に帰れる訳ではなく「何かあった時のために付き添いが必要」と医師に指示されている。

また飛行機は気圧の関係や具合が悪くなった時に対応が出来ないという理由で陸路で東京まで帰えらなければならない。

女房に朝、羽田空港から鹿児島空港まで飛行機で来てもらい、バスで鹿児島中央駅に移動、私は午前中に退院の手続きを済ませ、鹿児島中央駅で合流、お昼ぐらいの九州新幹線で新大阪、のぞみに乗り換え東京に帰るといった約7時間の長旅である。

武蔵野に奉職して37年、今年の夏休みは茨城で5日、鹿児島で11日入院し初めての経験であった。
見知らぬ土地での入院、話し相手は看護師ぐらいしかいないので時間を持て余しついつい余計なことまで考えてしまう。

インターハイ、全国中学にも数多く出場し、日本一も経験した。
全日本のコーチも経験したし学校にも色々な面で貢献できたかな?
そろそろ潮時かな?
もう卒業生も許してくれるかな?
などの弱気な考えである。

その反面、まだまだ自分は必要とされている、必要と考えてくれている人がいるという葛藤である。

そんな時、副担任の藤原先生から「クラスの事はすべて私に任せてゆっくり休んで下さい。赤点者の補習もすべて終わり、先生が育てている植物にも水をあげています。御心配なく!」とラインが来るのである。

頼もしい新任の先生である。体調を整えて、生徒、若い先生を育てるのが私に与えられた使命かと感じた一瞬であった。

iPhoneから送信

点滴外れる

 太田康仁 ブログ コメントする

福岡、佐賀、長崎は記録的な豪雨に見舞われ連日大きな被害が報道されおりますが、鹿児島は少し離れているので晴れたり曇ったりの毎日です。

今朝ついにすべての点滴が外れ、これで安定してくれれば退院出来ると思う。

昨日は大坪のお父さん、おばあちゃん、叔母さんや鹿児島県卓球協会会長の具志堅先生がお見舞いに来てくました。

具志堅先生は日本卓球協会のドクターでもあり、職業は麻酔科医、大変気さくな性格でいつも周りを和ませてくれる存在です。

「何かあれば鹿児島の病院は全て私のネットワークで繋がっているのですぐ連絡して下さい」と頼もしいお言葉を頂いた。

今回の入院で自分の病気もだいぶ理解できたので今後は考えて生活行動して行きたいと思う。

iPhoneから送信

退院間近か?

 太田康仁 ブログ コメントする

昨日の夕方、鹿屋さんがお見舞いに来てくれた。鹿屋さんは女房と中学、高校のチームメイトで我々の年代のインターハイチャンピオンである。
現在は来年に迫った鹿児島国体に向け地元で御尽力されている。

今思えば、今回のインターハイでは地元の有志が日体大のOB会や同期の会などを企画してくれていたが体調を考え、すべて参加できなかった。

今朝、担当医が「ドブタミン(心不全の点滴)をやめてみましょう」と話があった。それで問題無ければいよいよ退院出来るかもしれない。

新学期が迫っているだけに気持ちだけが焦る今日この頃である。

iPhoneから送信

鹿児島での入院生活

 太田康仁 ブログ コメントする

鹿児島での入院生活も今日で9日目に入った。鹿児島に来る前に茨城でも入院していたのでトータルすると14日ほどになる。

出発前慌ただしく髪を切る時間もなかったので今日は病院に床屋さんを呼んで髪を切ってもらった。
シャンプー、髭剃りまでやってもらい2,000円とかなり安かった。

今日は担当の先生に徐々にドブタミン(心不全の薬)を減らしリハビリをやって行く予定と告げられた。

国体の各地のブロック予選も終わり、北海道、岩手、福島、茨城、東京、埼玉、石川、福井、岐阜、大阪、兵庫、岡山、広島、高知、福岡、熊本、以上の16チームが出揃った。

高校生も今日から二泊三日で国体の箱根合宿、中学生はカデットの予選と夏休み最後まで戦いは続く。

iPhoneから送信

鹿児島でも入院

 太田康仁 ブログ 1件のコメント

インターハイ、全国中学も無事終わり各地では国体のブロック予選の最中かと思いますが私はまだ鹿児島にて入院中です。

関東中学でも4日間入院し、帰京後医師にも相談した上の鹿児島入りであったがやはり無理しすぎてしまったようだ。

体調はずいぶん良くなっているが医師からは「東京に帰れる体力がないと」と足どめを喰らっているのである。

今考えると7月の中旬あたりからのスケジュールはかなりハードなものがあった。
歳のせいにはあまりしたくないがやっぱり歳や病気には勝てないと感じた夏休みであった。

iPhoneから送信

インターハイ終わる

 太田康仁 ブログ コメントする

8月15日から鹿児島県、鹿児島アリーナで開催されていたインターハイも男子、戸上隼輔(野田学園)、女子、出雲美空(遊学館)の優勝で幕を閉じた。

武蔵野は団体3回戦で山口県代表の萩光塩高校に1対3で敗れ3年連続のベスト8を逃した。勝負どころでの一本が取れず悔やまれる試合となった。

ダブルスでは出場3ペアがすべて3回戦に進出した。
またシングルスでは3年生の海保愛美が昨年の黒野葵衣に続き見事ランク入りを果たした。
1年生の加賀美恵奈も4回戦、2年生の花井可奈も3回戦に進出しまずまずの結果を残した。

夏休みに入り全国大会に備えてきたが準備の段階で疲労が溜まり関東中学、インターハイと病院のお世話になる事になってしまった。

夏休み後半は自分の体調を整え、新学期に向かいたいと思う。

iPhoneから送信

インターハイ始まる

 太田康仁 ブログ コメントする

心配された台風10号の影響もさほどなくいよいよインターハイがスタートした。開会式では通算40回出場の表彰も受け記念すべき大会の幕開けとなった。

公開抽選の結果、武蔵野は昨年の実績が考慮され第6シードとなった。本日の第3試合で大分県代表、明豊高校と対戦し3対0で辛くも勝利し、明日の3回戦に駒を進めた。

明日はベスト8をかけて山口県代表の萩光塩高校と戦うことになった。最高の集中力を見せ、勝てるように頑張りたいと思う。iPhoneから送信

cache_Messagep19396.JPG

インターハイ出発

 太田康仁 ブログ コメントする

昨日茨城の病院を退院し、慌ただしく出発の準備をしてるとJTBの奥野さんから電話が入り、「今なら東京6時発の新幹線が空いているので台風の影響を考えるとそちらのが確実に鹿児島に入れます」とアドバイスされた。

実は昨日病院で鹿児島に行くのはいいが飛行機は絶対ダメと先生に止めれていた。奥野さんの声が天からの声に聞こえた。

15日に出発予定の応援組の事も考えすぐ巣鴨駅に直行し全員分の切符を買った。応援組の宿泊は鹿児島城西の岩城先生が手配してくれた。

結局予定していた飛行機は予定通り出発したようだがチーム全体の事を考えると最善の策だったような気がする。

九州新幹線も初めての経験なので楽しみである。現在新幹線は広島駅を出発した。

8月14日9時40分

iPhoneから送信

四日間の休養

 太田康仁 ブログ コメントする

早いもので8月も半ばに入り、連日猛暑が続いておりますが皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。

8月8日から茨城県日立市で行われた関東中学大会では団体優勝することが出来ました。その際、練習場を確保して頂いた卒業生の小貫さん、差し入れを頂いた益子さん、島田さん、伊積さん本当に有難うございました。

私は大会前から疲労感があったので2日目の朝、点滴をしてもらうぐらいの軽い気持ちで通院しところ即入院となってしまいました。
やむを得ず大会は平屋、鎌田の両先生に任せ病院で結果を待つことになってしまったのです。

入院中、噂を聞きつけた卒業生の島田小百合が子供を連れてお見舞いに来てくれ、昔話しに花が咲き、楽しいひとときを過ごしました。

看護師とのやり取りの末、やや無理やりだったが13日の退院にこぎつけ、女房に車で迎えに来てもらい入院中のデーターを持っていつも通っている川口工業総合病院に直行した。

「明日から鹿児島でインターハイがあるのですが行けますか?」の問いに先生は映像を見ながら「あまり進められないが薬を一錠増やしますから呑んで下さい」との答えに安心した。

長男の一成いわく「お盆だからお婆ちゃんと叔父さんが迎えに来てたんじゃない」ラインの返信に「はっ」とした瞬間であった。

iPhoneから送信

東京都私学大会

 太田康仁 ブログ コメントする

8月6日から武蔵野の森総合スポーツプラザで第67回東京都私立中学高等学校卓球大会が開催されている。

この体育館は味の素スタジアムの横に位置し、東京オリンピックのバドミントン競技の会場で写真でもわかるようにメインアリーナは卓球台50台以上、サブアリーナ30台と素晴らしい体育館である。

毎年この大会は千駄ヶ谷の東京体育館で行われていたが昨年から2020東京オリンピックの改修工事のため今年はこの会場となった。

時期的にも関東中学、インターハイ前ということで武蔵野は2日間の参加という事になった。

来年は東京オリンピックと重なるので開催が危ぶまれているが現在八王子の体育館に交渉中とのこと。伝統ある大会なので是非続けてもらいたいと思う。iPhoneから送信

IMG_0155.jpg

PROFILE

太田康仁(おおた やすひと)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部総監督