太田康仁ブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

入院10日目

 太田康仁 ブログ コメントする

入院生活も二桁の10日目に入った。今日も松川さんの両親や卒業生の永井、鹿股、荒川がお見舞いに駆けつけてくれた。

いよいよ明日はカテーテル検査である。初めての経験なので不安はあるが後には引けないので頑張りたいと思う。

明日からいよいよ12月、早いもので今年も後一ヶ月となった。今年の最後に入院する事になり多くの人に迷惑をかけてしまった。

どうか明日の検査の結果が良い事を祈ります。

iPhoneから送信

入院9日目

 太田康仁 ブログ コメントする

今日も沢山の人がお見舞いに来てくれた。卒業生の川中、伊積のお母さんや貴美子の婚約者の岩田君の両親、卒業生の関、地引、田澤が顔を出してくれました。

体調の方は特に自覚症状も無く、入院当時より安定しているように思う。後は12月1日に行うカテーテル検査の結果次第である。

今日から心不全リハビリテーションが始まり、立ったり、歩いたりして心拍数や血圧を測定。
だんだん負荷を強くしていくというものである。

後2日後に入院が長引くか、退院出来るかが決まると思う。

iPhoneから送信

入院8日目

 太田康仁 ブログ コメントする

今日も沢山の人がお見舞いに来てくれた。貴美子と婚約者の岩田君、体育科の勝冶、宮﨑先生、東京成徳の我妻先生などである。

東京成徳の我妻先生は日体大時代の四年、一年の後輩である。福島県の古殿中学から神奈川県の相模工大附属高校(現湘南工大附属高校)出身である。

私が日体大に入学した当時は板井先生(元相模工大附属高校監督)
が日体大の監督も兼ねていたので良く合同練習を行っていた。

そんな関係で我妻先生とは大学に入学する前からの付き合いになる。

自分達の子供は社会人となり、話題はやはり大学時代の話になる。一年奴隷、二年平民、三年天皇、四年神様と表現されていた時代であった。

今の自分があるのはこの四年間があったからと何年経っても言い切れる生活だった。

病気にはまだ負けられないと心に言い聞かせたひと時であった。

iPhoneから送信

入院7日目

 太田康仁 ブログ コメントする

早いもので入院して一週間が過ぎた。今日は唐橋卓球の野中さんとニッタクの伊積さくらがお見舞いに来てくれた。

長女貴美子も職場が近いので平日には仕事帰りに顔を出してくれる。普段の生活では一ヶ月に数回しか顔を合わせることは無いが、ひにくにも子供とゆっくり話しが出来るのはこんな時である。

その娘も来年1月に入籍し、10月に結婚式を挙げる予定になっている。

体調の方は若干の心室細動はあるものの脈拍はだいぶ落ち着いてきたようなので、12月1日に行う予定のカテーテル検査の結果で退院の目処が立ちそうである。

iPhoneから送信

入院6日目

 太田康仁 ブログ コメントする

今日は嘉屋先生がお見舞いに来てくれた。話題はすぐ長男公太朗君の話になった。
写真や動画を見せてもらいながら幸せを少し分けてもらった。

お母さんが他界されて三年、この後家族三人で御墓参りに行かれるそうだ。

今思い出せば三年前女房と葬儀の手伝いに行った時は嘉屋先生がこのような人生になるとは思いもよらなかった。本当に人生はわからないものである。

体調の方は点滴も外れ、少しずつではあるが脈拍も安定してきたように思う。早く検査が受けられる体になる事を願っている。

iPhoneから送信

入院5日目

 太田康仁 ブログ コメントする

今日は土曜日という事もあり、東洋英和の中村先生、卓球部父母を代表して青木さん、昔一緒にやった四方先生夫婦などいろいろな人がお見舞いに来てくれた。

また平成25年卒業の大門、工藤、相川の三人も来てくれ昔話しに花が咲いた。

大門は武蔵野卒業後地元富山に戻り専門学校から就職を決め今年2年目になる。
工藤は日大でキャプテンを務め、NTT東日本に就職が内定した。
相川は京都の華頂大学で卓球をやりながら、幼稚園、保育士、小学校教諭の資格を取り、富山県の小学校の採用試験に見事一発合格した。

皆んな武蔵野を卒業してからも良く頑張ってくれた。これからの人生も頑張ってほしいと思う。

入院当初は四人部屋だったが他の三人は次々と退院して部屋はいつのまにか私一人になってしまった。

明日は東京選手権の予選である。一人でも多くの者が代表になってほしいと思う。

iPhoneから送信

入院4日目

 太田康仁 ブログ コメントする

今日は入院当初から付けていた脳梗塞予防の点滴が外れました。身動きが少し楽になりました。

新たに無呼吸症候群の検査機器を付けて寝る事になりました。女房によく寝てる時に呼吸が止まると言われていたので検査する事になりました。

無呼吸症候群は心臓病と関係が深いという事です。

今日はまた高校三年生の嶋津が大正大学に無事合格したと連絡がありました。色々ありましたが今年も三年生の進路が全員決まり安心しました。

現在午後9時30分、これからまた長い病院の夜が始まりますが早く退院出来るよう頑張ります。

iPhoneから送信

入院三日目

 太田康仁 ブログ 1件のコメント

今日は卒業生の田中さん夫婦がお見舞いに来てくれました。娘の話しも含め、いろいろな話しができ楽しいひと時でした。卒業しても気にかけて頂き有難い話です。

また夜には同級生の菊地君(専修大学卒)が同期会(まもなく還暦の会)を企画してくれており、今日は第一回目の集まりが池袋のメトロポリタンでありました。元気なら私も出席する予定でしたが今回はこんな事になってしまい残念です。

高校生の試合は全体的に考えると今一歩の結果に終わりました。怪我人も出ているので早く治して頑張ってもらいたいと思います。

体調の方は脈拍が少しずつですが下がって来ました。それでも毎分100拍ぐらいなので一般人に比べるとまだ多いです。
看護婦さんいわく「徐々にクスリの量を増やし調整しているので昨日よりは良くなっている」との事、それにしてもまだ時間がかかりそうです。

私も慌てずに頑張りたいと思います。

iPhoneから送信

入院二日目

 太田康仁 ブログ コメントする

入院二日目に入りました。心不全の治療をしていると脳梗塞を起こす可能性もあるらしく昨夜から血液をサラサラにする点滴を4日ほどやる事になりました。

トイレに行く時も点滴を連れて行く有様です。数値が下がればカテーテル検査に入るようですが、まだ昼間の安静時の脈拍が毎分140拍に達する事もあるので薬を少しずつ強くして安定させなければなりません。もう少し時間がかかりそうです。

今日は長男の一成も会社が休みで顔を出してくれました。営業の話を聞きながら子供の成長を感じています。
長女の貴美子も職場が近いため仕事帰りに必ず顔を出してくれます。結婚前の一番楽しい時期かもしれません。

いつもは忙しくブログもなかなか上げられないが現状ですが今回は別です。

明日は高校生の新人戦の最終日、シングルです。当然、試合会場には行けませんが病室から応援しています。皆んな頑張れ!

iPhoneから送信

入院

 太田康仁 ブログ 1件のコメント

11月19日、福井遠征から帰り、夜品川のホテルで貴美子の婚約者の両親と初めて顔を合わせた。

今思えばお正月もお盆も無く自分の子供には何もやってあげられなかったが、なんとかここまで成長してくれた娘に感謝したい。

会食後、久しぶりに川口の自宅に帰ったが、夜中に体調が悪化し、女房と救急病院に向かった。

診断は不正脈で早めに落ち着かせた方が良いとの事、放っておくと脳梗塞を起こすこともあると脅され、「明日専門の先生が来るので精密検査をしましょう」と言われた。

11月21日、一限の授業を行い、病院に向かった。
血液検査、尿検査、心電図、レントゲン、エコーなどの検査を行い
診断の結果は「心不全」でそのまま2〜3週間の入院となってしまいました。

「やり残している仕事があるので、年明けからの入院ではダメですか?」の問いに担当の先生は長嶋監督みたいになりたいですか?
何か説得力のある言葉でした。

すぐ女房と学校に検査の結果を連絡し、入院の手続きにを取った。
関係者の皆さんこの度はご迷惑をおかけして申し訳ありません。

太田は不死身です、ご心配なく!

iPhoneから送信

PROFILE

太田康仁(おおた やすひと)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部総監督