太田康仁ブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

インターハイ10 年連続出場表彰

 太田康仁 ブログ コメントする

今日、インターハイの開会式があり10年連続出場の表彰を受けました。
一日一日を大切にして指導して来た結果だと考えています。

卒業生の皆さんもきっと喜んでくれていると思います。明日から大会がスタートしますが一戦一戦大切に戦います。

応援宜しくお願いします。iPhoneから送信

IMG_0227.JPG

公開抽選会

 太田康仁 ブログ コメントする

山陽女子高校での練習試合を午前中で切り上げ午後からは試合会場である総社市に入った。
試合会場で練習した後、4時から公開抽選会が始まった。

武蔵野は17番目に主将の永井がくじを引いた結果、1回戦は神奈川県の相原高校、2回戦で島根県の明誠高校との対戦が決まった。

越年合宿で毎年、切磋琢磨している学校ではあるがお互いに頑張るしかない。明日は開会式で10年連続出場の表彰を受ける。

だんだん気持ちも高まって来ており、シード権奪回を目標に頑張りたいと思う。

iPhoneから送信

いよいよ岡山に出発

 太田康仁 ブログ コメントする

7月22日からスタートした福井商業、大野高校、聖和学園との練習試合を終え、28日、早朝4時に最終合宿地である岡山県、山陽女子高校に出発した。

車での移動も大変だが、親の負担を減らすため、やむを得ない。途中、大きな渋滞も無く、新東名も名古屋まで延びていたため12時過ぎに岡山に到着した。

午後から福井商業、山陽女子高校との練習試合をスタートした。山陽女子高校は昨年のインターハイ準優勝の強豪である。

大学の同級生である総監督の萩原健一郎先生は教頭になり現場を田代祐大先生に任せている。今回の練習試合も快く引き受けてくれた。

夜は関西高校の柏先生も合流し、昔話しで盛り上がった。また、どの学校も色々な悩みを抱えており、私も勉強させられた夕食会であった。

明日も一日練習試合を行い、調子を上げてインターハイに臨みたいと思う。

iPhoneから送信

中学都大会

 太田康仁 ブログ コメントする

7月23日、24日と江戸川スポーツセンターで東京都中学大会が行われた。
20日から通い生も学校に宿泊し、この大会に備えて来た。

昨日の個人戦は午後から応援に出かけたが、今日は学校で福井商業とインターハイ前の練習試合のため会場には行けなかった。

朝は昨日同様、高校生が中学生の練習相手をし送り出した。
結果は昨年に引き続きシングルス、団体に優勝する事が出来た。

関東大会に進めなかった者もいるが着実に昨年よりも力をつけている。日々努力、日々向上、明日からまた新たな目標に向けての練習がスタートする。iPhoneから送信

IMG_0221.JPG

メンチカツ

 太田康仁 ブログ コメントする

今日から中学は都大会、高校はインターハイに向けての強化合宿がスタートした。合宿初日、卒業生父母の井ノ口さんが北島精肉店のメンチカツを100個も差し入れしてくれた。

12年前、アテネオリンピックで水泳の北島康介選手が金メダルを獲得した。
これにあやかり当時父母会長だった井ノ口さんが縁起を担ぎ、荒川区にある北島選手の実家、北島精肉店のメンチカツを食べてインターハイに臨んだのである。

その結果、奇跡の逆転優勝を成し遂げた。それ以来、娘は卒業しても毎年この時期になると必ずメンチカツを差し入れしてくれるのである。

本当にありがたい話しである。選手にもこの思いを伝え、中学校も高校も夏の大会で頑張ってもらいたい。

井ノ口さんは今年から発足したOG会、後援会の会長も引き受けていただいている。
今後も武蔵野の応援よろしくお願いします。iPhoneから送信

IMG_0218.JPG

鳩の巣

 太田康仁 ブログ コメントする

毎朝、朝練習の前に卓球部の生徒はそれぞれ決められた場所を掃除しています。いろいろな面でお世話になっている学校に感謝の意を表すことを教えるためです。

私もその時間に清掃監督がてら校庭の植木を手入れしています。そんな中、今年も鳩が校庭の木に巣を作っています。

鳩は人間がいる近くに巣を作る習性があるそです。なぜならば誰もいない所に巣を作るとカラスにやられるからです。

人間のいる所にはカラスもうかうか近づけないことを知っているのです。そんな様子を見なが心を和ませています。

今日は前期の終業式がありました。明日からはいよいよ夏休みです。夏休みとは言えど休みはありませんが生徒達と良い思い出が出来るよう頑張りたいと思います。iPhoneから送信

IMG_0215.JPG

練習試合

 太田康仁 ブログ コメントする

今日は青藍泰斗高校と練習試合を行った。青藍泰斗高校は今年栃木県予選で真岡女子高校を破りインターハイの代表となった。

三月に福島県で行われた全国高校選抜大会で練習会場が同じとなり、試合で負けた次の朝から練習試合をやる私の考え方に共感し、「うちも一緒に参加してもいいですか」と申し出られた。それからのお付き合いである。

監督の森戸先生は偶然にも私と同い年で、練習試合をやりながら色々な悩みを聞いた。

卓球の話し以外にも家族や家、学校の待遇の事など、私にも大変ためになる時間であった。

練習の最後に「先生、また来ていいですか」と言う言葉に「うちで良ければどうぞ」と答える自分がいた。

インターハイまで後二週間、お互い良い調整をして頑張りましょう。青藍泰斗高校の皆さん今日はありがとうございました。

iPhoneから送信

梅雨明けも間近

 太田康仁 ブログ コメントする

東京はここ二日間、大気が不安定で雷雨が続いています。
しかし関東地方の水源である利根川上流のダム付近ではまとまった雨が降らず水不足が心配されている今日この頃です。

七月も半ばに入り、梅雨明けも間近に迫っています。武蔵野も七月十九日に前期の終業式を控え、明日で授業も終わります。

今年も忙しい夏休みがやってきます。中学校の都大会を皮切りにインターハイ、関東中学、国体関東ブロック、全国中学大会、私学大会と続く。

その間、練習試合等も入り、経費節約で岡山、群馬、山梨、富山と車の運転もあるので体調には気をつけなくてはならない。

とにかく悔いが残らないよう一年一年頑張りたいと思います。

iPhoneから送信

ひと段落して思うこと

 太田康仁 ブログ コメントする

前期末試験を終え、生徒も私もひと段落である。四月の入学式からあっと言う間に三ヶ月が過ぎ、気がつけば夏休みも間近に迫っている。

今年は各地の予選で波乱が相次いだ。京都の東山高校がインターハイの予選で敗れた。京都は代表枠1チームしかない。伝統校がゆえに選手、監督にかかるプレッシャーは大変なものがあったに違いない。

神奈川県の湘南工大附属高校も予選で敗れた。約40年前に板井喬先生が相模工大附属高校を神奈川県在住の選手だけで日本一に輝いたチームである。

板井先生は日体大OBで私が日体大時代に大学の監督も兼ねられており、大変お世話になった恩師である。
当時は高校生と合同で合宿を行い、江ノ島までの砂浜をランニングした思い出がある。

その後、日本一になった時のキャプテンであった長谷部先生が赴任され、亡き板井先生の後を引き継がれ、その後、校名も相模工大附属から湘南工大附属に変わったのである。

その長谷部先生も現在は校長先生になり、インターハイ50年連続出場を期に顧問を若手の先生に代わっている。

今年の湘南工大附属高校は関東大会でシングルス、ベスト4に3人入賞し、県でもシングルス1位、2位、ダブルスでも1位、しかも神奈川県は代表枠2チームである。

個人戦と団体戦は違うと言っても昔では考えられないことである。
何かが変わって来ているのか、自分でも上手く説明出来ない。

これからインターハイに向け、我がチームも考えて行かなくてはならないテーマである。

iPhoneから送信

学校訪問2️⃣

 太田康仁 ブログ コメントする

試験最終日、今日は午後から渋谷区に塾2校、中学校3校を訪問した。

都内の気温は36度、うだるような暑さである。普段は体育館にいる事が多い私にとっては重労働であった。

今回まわった地域は渋谷区でも小田急線沿線の高級住宅街である。
まわりを見るとベンツなどの高級車をよく見かけた。

3日間でなんとか目黒、品川、渋谷とまわれたので良かったと思う。

明日からはインターハイモードに入りたいと思う。

iPhoneから送信

PROFILE

太田康仁(おおた やすひと)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部総監督