太田康仁ブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

全国選抜大会終わる

 太田康仁 ブログ コメントする

高校選抜は男子愛工大名電高、女子四天王寺高校の優勝で幕を閉じた。
武蔵野は初戦の愛み大瑞穂戦が事実上のベスト8決定戦と言っても過言ではない組み合わせであった。
前半1対1で迎えたダブルスで2対2の9-6リードから逆転されたのが響き3対1で敗れた。
結局予選リーグ2勝1敗で2位となり決勝トーナメント進出を逃した。
越年合宿組では福井商業、明誠高校、聖和学園、札幌大谷が決勝トーナメントに進出。
特に聖和学園の躍進はめざましく、ベスト4に入った富田高校に2対2、5番川崎姉が2対2の5–2でリードしたがその後逆転され初のベスト8を逃したが着実に力を着けている。
中学選抜は準々決勝で明豊中学に3対0で勝ち2年連続の3位入賞を決めた。
準決勝は横浜隼人中学に3対1で敗れたが2年連続のベスト4は立派に成績である。
中学生は試合終了後、岡山で就実中学、山陽女子中学と練習試合を行い帰京する。
高校生は明日から埼玉県越谷市で3日間、新入生を交え強化練習会を行う。
すでに新しい闘いがスタートしている。

iPhoneから送信

全国選抜大会始まる

 太田康仁 ブログ コメントする

東京選手権から引き続き福井商業、岩国商業と3チームで強化合宿を行い大会に備えてきた。
中学生は1日早く出発し、昨日は山口県の玖珂中学校と練習試合を行い大会に備えている。
今日は朝学校を出発して、9時から郡山女子大学附属高校で練習をやらせて頂いている。
監督の深谷純子先生とは約30年前中国に一緒に遠征した記憶がある。
後に青山学院大に進まれ、福島県の教員となり最近また練習試合を行う間柄になっている。
お父さんは長い間、小学校の校長先生をやりながら富久山クラブを立ち上げ、福島県の小中学生の育成に携わられた方である。
長い間卓球に携わっていると本当に縁を感じる事が多い。
「縁を大切にしろ」選手に教えて行かなければいけない事である。
午後から公開抽選会、監督会議、開会式で明日から試合がスタートする。
一戦一戦全力で頑張ります。応援宜しくお願いします。

iPhoneから送信

東京選手権始まる

 太田康仁 ブログ コメントする

3月17日から東京選手権がスタートした。
全国各地から武蔵野にぞくぞくと選手が集まって来ている。
鳥取敬愛高校の中村先生は日体大時代の先輩で、毎年経費節約のために学校のワゴン車に生徒を乗せて鳥取から来ているので大変である。
この情熱には本当に頭が下がる。
今回、武蔵野で練習している中で一際目立つ選手はやはり福井商業の山本選手である。
インターハイ、全日本ジュニアベスト8の実力者は攻守にわたり安定感がある。
大会は20日まで続くが負けた選手はこういった選手と練習試合が出来るのでチャンスを生かしてほしい。

iPhoneから送信

卒業式

 太田康仁 ブログ コメントする

3月5日、武蔵野高校の卒業式が行われた。
我が3年6組とも今日でお別れかと思うと何か寂しい気持ちになる。
副担任の加藤先生も初めて送りだす卒業生ということで色々な思いがあると思う。
文化祭、体育祭、テーブルマナー、そして進路を決めるために一人ひとりの生徒と向き合ってきた。
最後のホームルームでは生徒達の涙に思わずもらい泣きしてしまった。歳をとると本当に涙もろくなるものである。
卒業生の皆さんの今後の活躍を期待しております。本日の本当におめでとう御座いました。iPhoneから送信

IMG_0122.JPG

卓球部送別会

 太田康仁 ブログ コメントする

一年が経つのは本当に早いものです。
今年も卒業のシーズンが来ました。今年は高校卒業が4名、中学卒業が2名である。中学卒業の2名はそのまま高校に上がるので後3年間の付き合いでになる。
送別会は涙、涙で無事終了した。
卒業生は武蔵野での経験を生かし大学に行っても頑張ってほしいと思います。iPhoneから送信

IMG_0114.JPG

卒業式まであとわずか

 太田康仁 ブログ コメントする

今年も高校3年生の卒業が近づいて来ました。
他の学年は学年末試験で高校3年生は卒業式の練習と謝恩会の練習を行っています。
武蔵野はそれぞれの行事を重んじているので練習は大変です。
入場、起立、礼、返事、歌、退場まで徹底して指導します。
私も今年は高校3年生の担任として卒業式練習に参加しています。
この練習が生徒達に伝える最後の教えと考えています。
3月5日は御父兄の皆さんに素晴らしい卒業式をお見せします。
生徒達の成長を見届けて下さい。

iPhoneから送信

PROFILE

太田康仁(おおた やすひと)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部総監督