太田康仁ブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

白内障手術終わる

 太田康仁

2月13日、白内障手術のため川口工業総合病院に入院した。
白内障は目の奥にある水晶体というレンズの役割をしている場所が濁る病気である。そのため全体がぼやけて見える症状があり、老化現象の一つと言われている。

午前中に目の最終検査を行い、午後3から予定通り手術が始まった。事前の検診で痛みは無いと説明されているが、眼球に0.2ミリの穴を開け、人工の水晶体をその穴から眼の奥に入れる手術なので不安であったが20分ほどで手術は無事終わった。

まだ眼帯が外れないのでどの程度見えるようになっているかはわからないが明日の午後退院予定である。
眼帯が外れるのが楽しみである。

iPhoneから送信

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

PROFILE

太田康仁(おおた やすひと)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部総監督