太田ひとみブログ | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

最近の試合会場で感じる事

 太田ひとみ ブログ 1件のコメント

オープン戦での試合応援について感じる事ですが、指導者でない父母が降りてきてベンチに居る事が当たり前になっている異様さを感じます。

応援している選手の試合が終ってもその場を離れずに、大きな声を出したり笑ったりしている事が見受けられ、思わず『すみません試合中ですよ』と注意しました。

本当に周りの事を考えられない人達が多くなったと感じられます。

なぜ、自分の子どもと同じ様に他の選手の事も見られないのか⁉と思います。

人間は一人で生きるのは難しいと思います。色々な人に助けられて生活が出来ると思います。

武蔵野卓球部の選手には、いつも感謝の気持ちを忘れずに生活して欲しいと思いました。

こんな事を考えます。

 太田ひとみ ブログ コメントする

すごく良い人間でも、集団の中では良い人だろうか⁉

親の目からみて、とても良い子どもでも、外では良い子どもだろうか⁉

場の雰囲気をちゃんと読んで行動が出来る子どもだろうか⁉

そう言う事をいつも考えさせられています。

私自身の子育てから親の前では『どうしょうもない子ども』でも、外では意外としっかり人間関係を築いていたりしています。又、その反対のパターンも有ります。

親が思う以上に子どもは、置かれた環境に馴染もうと頑張っていて、何とかやって行くものだなぁと感じています。

良い人間関係が作れる様に、サポートしながら武蔵野卓球部がスムーズに流れる様に頑張りたいと思います。

嬉しい訪問者❗

 太田ひとみ ブログ コメントする

四年前に武蔵野を卒業した生徒が、初任給を戴いたのでと記念の品を買ってきてくれました。

大学でも四年間卓球を続け、武蔵野卓球部に貢献して、勤務先でも可愛がって貰えてると感じました。

何年後かには、結婚相手を連れて報告に来てほしいと思います。

DSC_0200.JPG

こんな話をしました。

 太田ひとみ ブログ コメントする

中学生の練習の終わりに武蔵野卓球部は試合に出てる選手を全力で応援するチームだよ❗と話しました。

前日の東部会長杯で横浜隼人に勝利して優勝する事が出来ましたが、これは通過点であり、これからもっと上を目指して行かなければいけない事や、きつい練習、嫌な練習、苦手な練習をやらなければ強くなれない事、人の足を引っ張る事や人の嫌がる事をやらない事など話しました。

良いチームになるように、皆で頑張ろうと思います。

今足りないものは何か⁉

 太田ひとみ ブログ コメントする

高校の関東大会予選が終了しました。
個人戦では出来すぎの成績だった事もあり、団体戦での準優勝の結果はショックが大きい所です。

何が足りなかったか⁉と考えると、自分の事だけを考えて行動する選手が多くなったことだろうと思います。
皆が仲間を思いやり、武蔵野卓球部の為に行動すると、インターハイ予選では納得出来る結果が出せると思います。

さあ、又今日から精一杯頑張ろう❗

PROFILE

太田ひとみ(おおた ひとみ)
□所属:
武蔵野中学・高校
卓球部顧問

□出身地:
鹿児島県

□生年月日:
1961年3月12日

□卓球歴:
南之郷中学校
都城商業高等学校
日産自動車
□卓球を始めたきっかけ:
中学校の部活を見て、楽しそうだったから。

□趣味:
読書

□主な大会成績:
アジア大会
ジュニアの部:第3位

全日本選手権
女子ダブルス:第3位