TFN卓球ニュース | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

インターハイ開会式

 卓球ファンnet ブログ コメントする

7月28日、全国高校総合体育大会(インターハイ)の開会式が、和歌山県同市の和歌山ビッグホエールで行われた。

開会式には皇太子さまが出席し、「大会が選手の皆さんの活躍と地元高校生の協力により、実り多いものとなるよう願っています」と
全国各都道府県予選を勝ち抜いた代表選手860名を激励した。

選手宣誓は、和歌山県立星林高校3年の桑原洋樹選手(ヨット)と、県立紀央館3年の高校酒井梨々華選手(陸上)が務め、、「多くの人に感動と元気を届けられるよう、正々堂々と全力で競技します」と語った。

全国高校総合体育大会「2015 君が創る近畿総体」は、7月28日~8月20日、近畿6府県で開催。
卓球競技は、8月9日(日)14日(金)に滋賀県立体育館で開催されます。

石川佳純、東京五輪に意欲

 卓球ファンnet ブログ コメントする

7月25日、兵庫県・神戸総合運動公園体育館グリーンアリーナ神戸で、

全農杯全日本選手権 ホープス・カブ・バンビの部が開催された。

開会式にゲストとして招かれた、ロンドン五輪卓球女子団体銀メダルの石川佳純選手(全農)は、

「五輪には、もちろん出場したい。日本での開催はすごく特別だと思うのし、私自身も楽しみにしています。金メダルを取ることは夢であり、大きな目標です。」

と意欲を見せてくれました。

石川選手自身、同大会に小学2年生から6年生まで連続出場し、6年生のときにホープスの部で優勝している。

今大会に出場している小学生選手の将来にも、大きな期待が寄せられている。

インカレ 結果

 卓球ファンnet ブログ コメントする

7月16~19日、第85回全日本大学総合選手権・団体の部が愛媛県武道館で開催されました。

男子は愛知工業大が2年ぶり6回目の優勝。
女子は専修大が17年ぶり15度目の優勝となりました。

【男子】
1位 愛知工業大学
2位 早稲田大学
3位 明治大学
4位 中央大学
5位 専修大学
6位 駒澤大学
7位 法政大学
8位 近畿大学
殊勲賞 藤村友也(愛知工業大学)

【女子】
1位 専修大学
2位 同志社大学
3位 日本体育大学
4位 関西学院大学
5位 淑徳大学
6位 東京富士大学
7位 神戸松蔭女子学院大学
8位 愛知工業大学
殊勲賞 安藤みなみ(専修大学)

みうみま toto助成金交付式に出席

 卓球ファンnet ブログ コメントする

7月13日、平野美宇(エリートアカデミー)と伊藤美誠(スターツ)の二人は都内のホテルで開催された、サッカーくじを財源とするtoto助成金の交付式に出席し、認定証を受領しました。
平野選手は、「2020年の東京五輪で金メダルをとれるように頑張ります。」
伊藤選手は、「次のリオデジャネイロ五輪には出場し、その次の東京五輪では優勝できるように頑張ります。」
と、それぞれの抱負を語ってくれました。
尚、同交付式にはレスリングの伊調馨(ALSOK)も出席しています。

韓国オープン 結果

 卓球ファンnet ブログ コメントする

7月1日から韓国の仁川で開催されたITTFプロツアー韓国オープンが、5日に閉幕。

女子シングルスの決勝戦は、福原愛(ANA)が14歳の伊藤美誠(スターツ)と対戦し4-0で勝利。
先月のオーストラリアオープンに続く国際大会での優勝となった。
現在世界ランキング9位の福原と10位の伊藤は、来年のリオデジャネイロ五輪の代表2名の残り1枠を争う立場にあるが、
福原は「ずっと美誠とは試合がしたかった。見るのと戦うのでは全然違う。」と余裕を伺わせた。

女子ダブルスは、平野美宇(エリートアカデミー)伊藤美誠の「みうみまコンビ」が早田ひな(石田クラブ)佐藤瞳(札幌大谷高)組を3―2で下し、見事優勝。

男子シングルスでは、丹羽孝希(明治大)が準決勝まで進出した。

関東学生選手権 結果

 卓球ファンnet ブログ コメントする

平成27年度関東学生卓球選手権大会
(平成27年6月26日~28日 所沢市民体育館)

男子シングルス
1位 厚谷 武志(専修大学)
2位 有延 大夢(明治大学)
3位 松下 海輝(明治大学)
4位 北原 大輝(専修大学)
5位 坪井 勇磨(筑波大学)
6位 徳永 大輝(中央大学)
7位 斎藤 稜馬(筑波大学)
8位 滝澤 拓真(明治大学)
9位 酒井 明日翔(明治大学)
10位 郡山 北斗(専修大学)
11位 村井 桂(法政大学)
12位 徳島 剛(専修大学)
13位 澤畑 宏徳(日本大学)
14位 野村 夏樹(慶應義塾大学)
15位 寺光 法隆(専修大学)
16位 宇仁田 啓市(國學院大學)

女子シングルス
1位 温 馨(日本体育大学)
2位 佐藤 優衣(淑徳大学)
3位 山本 怜(中央大学)
4位 小鉢 友理恵(東京富士大学)
5位 小道野 結(早稲田大学)
6位 阿部 愛莉(早稲田大学)
7位 谷岡 あゆか(日本体育大学)
8位 富川 亜加理(大正大学)
9位 安藤 みなみ(専修大学)
10位 池上 玲子(東京富士大学)
11位 高橋 佑希(東京経済大学)
12位 徳永 美子(早稲田大学)
13位 高橋 結女(早稲田大学)
14位 相原 なつみ(日本体育大学)
15位 姜 赫煜(大正大学)
16位 秋田 佳菜子(中央大学)

男子ダブルス
1位 田添 健汰/郡山 北斗(専修大学)
2位 松浦 佑紀/北原 大輝(専修大学)
3位 山本 勝也/平野 晃生(早稲田大学)
4位 滝澤 拓真/坪金 衛(明治大学)
5位 大野 泰士/大坂 亮輔(中央大学)
6位 酒井 明日翔/渡辺 裕介(明治大学)
7位 坪井 勇磨/三浦 健太郎(筑波大学)
8位 後藤 卓也/南谷 将成(日本大学)

女子ダブルス
1位 鈴木 李茄/安藤 みなみ(専修大学)
2位 温 馨/遠藤 彩樺(日本体育大学)
3位 小鉢 友理恵/林 めぐみ(東京富士大学)
4位 池上 玲子/後藤 奈津美(東京富士大学)
5位 明神 佑実/山本 怜(中央大学)
6位 中島 三桜/堀 優美(専修大学)
7位 庄司 有貴/須藤 洸(専修大学)
8位 秋田 佳菜子/美濃口 千夏(中央大学)

男子シングルス
準々決勝
坪井 勇磨(筑波大学) 2-4 松下 海輝(明治大学)
斎藤 稜馬(筑波大学) 2-4 有延 大夢(明治大学)
徳永 大輝(中央大学) 3-4 厚谷 武志(専修大学)
滝澤 拓真(明治大学) 1-4 北原 大輝(専修大学)

準決勝
松下 海輝(明治大学) 0-4 有延 大夢(明治大学)
厚谷 武志(専修大学) 4-1北原 大輝(専修大学)

決勝
有延 大夢(明治大学) 3-4 厚谷 武志(専修大学)

女子シングルス
準々決勝
富川 亜加理(大正大学) 1-4 小鉢 友理恵(東京富士大学)
小道野 結(早稲田大学) 2-4 温 馨(日本体育大学)
山本 怜(中央大学) 4-2 阿部 愛莉(早稲田大学)
佐藤 優衣(淑徳大学) 4-1 谷岡 あゆか(日本体育大学)

準決勝
小鉢 友理恵(東京富士大学) 1-4 温 馨(日本体育大学)
山本 怜(中央大学) 0-4 佐藤 優衣(淑徳大学)

決勝
温 馨(日本体育大学) 4-2 佐藤 優衣(淑徳大学)

男子ダブルス
準々決勝
大野 泰士/大坂 亮輔(中央大学) 2-3 松浦 佑紀/北原 大輝(専修大学)
山本 勝也/平野 晃生(早稲田大学) 3-2 酒井 明日翔/渡辺 裕介(明治大学)
田添 健汰/郡山 北斗(専修大学) 3-1 坪井 勇磨/三浦 健太郎(筑波大学)
後藤 卓也/南谷 将成(日本大学) 1-3 滝澤 拓真/坪金 衛(明治大学)

準決勝
松浦 佑紀/北原 大輝(専修大学) 3-2 山本 勝也/平野 晃生(早稲田大学)
田添 健汰/郡山 北斗(専修大学) 3-1 滝澤 拓真/坪金 衛(明治大学)

決勝
松浦 佑紀/北原 大輝(専修大学) 0-3 田添 健汰/郡山 北斗(専修大学)

女子ダブルス
準々決勝
秋田 佳菜子/美濃口 千夏(中央大学) 0-3 池上 玲子/後藤 奈津美(東京富士大学)
明神 佑実/山本 怜(中央大学) 2-3 鈴木 李茄/安藤 みなみ(専修大学)
温 馨 / 遠藤 彩樺(日本体育大学) 3-1 庄司 有貴/須藤 洸(専修大学)
中島 三桜/堀 優美(専修大学) 2-3 小鉢 友理恵/林 めぐみ(東京富士大学)

準決勝
池上 玲子/後藤 奈津美(東京富士大学) 1-3 鈴木 李茄/安藤 みなみ(専修大学)
温 馨/遠藤 彩樺(日本体育大学) 3-1 小鉢 友理恵/林 めぐみ(東京富士大学)

決勝
鈴木 李茄/安藤 みなみ(専修大学) 3-0 温 馨 / 遠藤 彩樺(日本体育大学)

ジャパンオープン・荻村杯 記録

 卓球ファンnet ブログ コメントする

ジャパンオープン・荻村杯
(平成27年6月24日(水) ~28日(日) 兵庫・神戸総合運動公園内体育館(グリーンアリーナ神戸))

男子シングルスで、吉村真晴(愛知工大)が準決勝を果たした。
決勝では世界ランク2位の許シン(中国)に1-4で敗れるも大健闘となった。

[男子シングルス]
優勝:許シン(中国)
準優勝:吉村真晴(日本・愛知工業大)
3位:樊振東(中国)
3位:尚坤(中国)

[女子シングルス]
優勝:陳夢(中国)
準優勝:朱雨玲(中国)
3位:丁寧(中国)
3位:劉詩ウェン(中国)

[男子ダブルス]
優勝:馬龍/許シン(中国)
準優勝:樊振東/尚坤(中国)
3位:森薗政崇/大島祐哉(日本・明治大/早稲田大)
3位:アポローニャ/譚瑞午(ポルトガル/クロアチア)

[女子ダブルス]
優勝:劉斐/武楊(中国)
準優勝:リン・イエ/ジョウ・イーハン(シンガポール)
3位:杜凱琹/姜華君(香港)
3位:丁寧/劉詩ウェン(中国)

[U-21男子シングルス]
優勝:大島祐哉(日本・早稲田大)
準優勝:吉田雅己(日本・愛知工業大)
3位:三部航平(日本・青森山田高)
3位:シェルベリ(スウェーデン)

[U-21女子シングルス]
優勝:佐藤瞳(日本・札幌大谷高)
準優勝:ツォン・ジェン(シンガポール)
3位:スッチ(ルーマニア)
3位:ジョウ・イーハン(シンガポール)