TFN卓球ニュース | powerd by TSC卓球ブログ

SPONSOR

全日本卓球「アドバイスルールの対応事例について」

 卓球ファンnet

11月9日、日本卓球協会が平成29年1月1日付けで適用される新ルールについて、平成28年度天皇杯・皇后杯全日本卓球選手権大会に参加される方へ向けて通知がありました。

以下、通知内容の紹介です。

【日本卓球ルール抜粋】
2.5.1 アドバイス
2.5.1.3.1 高校生以下の大会では、競技者は、ゲームとゲームの間の休憩時間、あるいは認められた競技の中断時間にのみアドバイスを受けることができるが、練習時間終了時とマッチ開始の間はアドバイスを受けることはできない。アドバイスを与えることを認められた者であっても、このほかの時間にアドバイスをした場合、主審はイエローカードを掲げ、これ以上そのような行為が続けば競技領域から遠ざけられることになる旨、その者に対して警告する。
※このルールは、平成 28 年 6 月 1 日改定の国内現行ルールです。高校生以下の大会に限定したルールとして平成 29 年 1 月 1 日以降も継続します。(選手の自立を促し育成することが目的です。)
2.5.1.3 競技者は、それによって競技が遅れさえしなければ (2.4.4.1)、ラリー中を除いていつでもアドバイスを受けることができる。アドバイスを与えることを認められた者であっても、違法にアドバイスをした場合、主審はイエローカードを掲げ、これ以上そのような行為が続けば競技領域から遠ざけられることになる旨、その者に対して警告する。
※このルールは、日本卓球ルールとして平成 29 年 1 月 1 日から適用となります。競技に遅延をきたさなければアドバイスをすることは違反ではありません。
(ベンチも一緒になり大会を盛り上げ活性化させることが目的です。)
【アドバイザーは、次の場合にアドバイスができ、違反にはなりません。】
・ラリー中でなければ、いつでもアドバイスを与えることができます。
・ゲームとゲームとの間、および競技が中断しているとき。
・選手がタオルを使用しているとき。
・選手がすでにボールを掌に乗せ、サービスの準備をしようとしているとき。
【選手は、次の場合にバッドマナー(遅延行為)と判断されます。】
・ラリー間にアドバイスを受けるためにアドバイザーのところに行ったとき。
・ボールを拾いに行くとき、ボールのある位置ではなく、明らかに回り道してアドバイザーにアドバイスを受けたとき。
・アドバイスを受けながら、非常にゆっくり移動し台に戻るとき。
・ボールがコート外に出たとき、アドバイスを受けるためにアドバイザーのところに行ってもよいが、相手選手がボールを回収しコートに戻ったとき、直ちにテーブルに戻らなかったとき。

以上

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*